メイクルホワイトゲルで、透明感のあるスベスベの膝になれました。

hiza2ハリウッドセレブや海外のモデルさん達の膝って、本当に綺麗ですよね。
膝小僧が小さく透明感があり、ピカピカに輝いています。
私の膝は黒ずんでガサガサなので、人様にはとてもじゃないけど見せられません。
こんな膝では女性として恥ずかしすぎると思い、きちんとケアをして行くことにしました。

美容院で女性雑誌を読んでいたら、ドクターメイクルのメイクルホワイトゲルを見つけました。
女心をくすぐるラブリーな容器に、胸がキュンとしちゃいました。
美白効果が期待できるプラセンタエキス、潤い効果が抜群のヒアルロン酸、その他にエラスチン、セラミドなどが配合されています。
30日間の全額返金保証も付いているので安心だと思い、購入をしてみることにしました。

メイクルホワイトゲルを、500円玉サイズ程手の平に取ります。
そしたら両膝に塗り手の平で、クルクルとマッサージをしました。
とろりとしたゲルが膝にスッと馴染み、しっとりとした潤いに包まれました。
フェミニンな香りがふんわりとして、リラックスしながらケアする事ができました。

メイクルホワイトゲルを1つ使いきる頃には、膝の黒ずみが濃い茶色から明るい茶色に変化してきたので、凄く感動をしました。

膝だけでは勿体無いと思い、肘やビキニラインにも使用しています。
おかげ様で透明感のあるスベスベの膝をゲットする事が出来たので、大変喜んでいます。
価格も手頃なので、これからもリピしていくつもりです。

美肌のためにも睡眠を十分にとる

5睡眠不足は美容の大敵と良く言われます。
私は大人になると睡眠時間が短くなり、6時間前後の人が多いと思っていました。

しかし、実際は大人になっても睡眠時間は7〜8時間は寝たほうが良さそうです。
もちろん個人差はあるので、それよりも短い人もいれば長い人もいます。

ある団塊世代の人に、8時間寝ている話をしたら、びっくりしていました。

その世代の人たちの睡眠時間が短いのか、感覚が違うのかは分かりませんが、8時間寝るのは美容にも健康にも良いことだと思います。

大人になれば少ない睡眠時間で良いと思っている年配の人の話を聞いていると、どんどん不健康な生活をしているような気がしてきます。

今は美容や健康のためにも十分な睡眠が必要ですし、また働き過ぎも良くないと思っています。

一昔前までは「我慢は美徳」で、休息を入れたり、横になって休むことが良くないことのように言われてきたようですが、そんなに自分の体を酷使して無理をしても、健康を害するだけだし、肌の調子も悪くなってしまいます。

ストレス解消にたくさんのお酒を飲んだり、たばこを大量に吸っていた時代はとっくに終わっています。

このような年配の人たちの生活習慣や言動は反面教師として受け止め、自分がこのような高齢者にならないように気をつけたいと思います。

最近、自分の生活態度を改めて生活するようになってから、肌の調子が良くなってきました。
さらにこういった高齢者とも出会わずになったので良かったと思っています。

運動と食事のバランスで体形が決まる

8私の場合、体形で一番気になる部分は太ももとウエスト周りです。
ふくらはぎも気になるのですが、普段はスカートを履くことがないので、何とかごまかすことができます。

ウエストからお尻にかけてと、太ももはパンツを履くと一番目立つ場所です。
特に太ももは隠しようがありません。

私は毎日ウォーキングをして、なんとか太ももを細くしようと思っていますが、それ以上に食べてしまうので、なかなか細くはなりません。
それでも太ももを触ってみると、前よりもかなり固く締まってきているのがわかります。

太ももにはしっかり筋肉が付いてきたので、ブヨブヨ感はありませんが、もう少し細くならないものかと思っています。
以前、太ももが細くなったことがありましたが、その時はかなり食事の量が少なくなっていました。

しかし、十分な栄養が摂れていないと栄養失調になってしまうこともあります。
実際その時は献血ができないくらいになってしまいました。
今ではそのようなことは避けたいと思っています。
そこでしっかり食べてしっかり動くようにしているのですが、どうもしっかり食べすぎているのかもしれません。

栄養面を考えると、いろいろ食べてしまいますが、1日で全ての栄養を摂る必要もないのかもしれません。
数日単位でバランスの取れた栄養が摂れれば良いのだと思います。

今まではカロリーよりも栄養面を重視してきたので、これからはカロリーも考えて食事をしていきたいと思っています。

顔に汗をかきにくい人が羨ましい

7
汗をかきにくい人、顔汗をかかない人って本当に羨ましいです。
私は汗も、顔汗もひどい性質なのでそのコンプレックスを持っていないと想像するだけで相当羨ましいです。
よく、汗をかきやすいと人に話すと「新陳代謝が良いんだね〜」なんてフォローをしてもらったりもするんですけれど、私は新陳代謝が悪くても汗はかきたくないです!
それ位悩んでいます。

顔汗と一言に言っても、部位が人によって異なるのではないかなと思います。
ちなみに私がかく顔汗の部位は「鼻のあたまと、鼻の下」です。
気温が暑いとツブツブの汗が湧き出てきますし、緊張した時も汗が出てきます。

暑いときならまだしも、私の場合緊張した時というのが本当に致命的でした。
というのも、社会人になってついた職業は接客業だったからです。
1対1の対面の正真正銘接客業だったので、緊張しまくり、鼻汗かきまくりです。

自分ではふつふつと汗をかいていることが分かり、それが分かるとまた焦り、汗をかく。
その悪循環を続けていました。

でも今はその緊張の汗かきはなくなりました。
というのも、完全に「慣れた」からです。接客や人と接すること、緊張することに。
私の場合は、逃げられない接客業だったので汗をかいてもがむしゃらにやっていましたし、人と話すことが多い職種だったので、半年位であっという間に慣れました。
それからは、顔汗も暑さ以外は改善され、許せる程度におさまっています。

メイクしていると顔に汗をかくだけで気持ちも下がってくるので、少し克服できてよかったと本当に思います。

顔汗をかくようになって

4
子どもの頃、母が額や鼻にだらだらと汗をかいているのを見て母は汗っかきだなーと思っていました。
そんなに暑くない日でもハンカチが手放せない感じの顔汗だったのです。

でも、最近自分も母のような顔汗をかくようになったことに気づきました。
スポーツをやってたのでテニスやジョギングをして汗をかくことはありましたが、このごろは普段でも顔周りにだけ汗をかくようになりました。

額からぽたぽたと滴るように汗が落ちるのです。

顔汗を拭くのにハンカチでは足りなくなり、最近はハンドタオルを用意するようになりました。

最初の頃は、今日はすごく汗が出るけど気温が高いのかなーと思っていました。
でも周りの人は涼しい顔で汗なんかかいていないのです。
自分だけが顔に汗をかいていると気づき、自分も母と同じような症状になっているなーと思いました。

顔汗がひどいと困ることがあります。
まず、顔汗ダラダラの様子は他人が見たとき不快に思うだろうなーということです。暑くもないのにこの人どうしたんだろうと思われそうです。
それからメイクがすぐに崩れてしまうのも困りものです。
ただでさえ、もう若くはないのにどろどろのメイクでは老けて疲れ果てたような姿になってしまいます。

原因はいろいろあると思いますが、私の場合は更年期と重なって症状が出てきたような気がします。
それから、スポーツをやめて運動不足なのも関わっているかもしれません。
少しでも軽くなるような方法があれば試してみたいと思っています。

温冷洗顔で肌のきめが細かくなったように感じます

1もう三十代になって中盤にさしかかってきましたお肌の曲がり角まっただ中です。
夏が終わった頃には肌がつかれているように感じます。

実際、若いころとは違って新陳代謝が活発とはいいがたい年齢になっているので当然といえば当然です。
そのため、新陳代謝を促すという洗顔方法に挑戦することにしました。
調べてみた結果温冷洗顔という方法が私にできそうでした。

温冷洗顔とは氷水とお湯で交互に洗顔を行うことです。
手軽にできてお金もかからない洗顔方法なので主婦にも手軽に試すことができます。
実際試してみた結果、洗顔し終わった瞬間から毛穴がきゅっとしまったように感じました。

そして、顔の血行が良くなっているように感じます。
達った一回で本当に効果が出るなんてびっくりしましたが、
翌朝も肌のべたつきが少なくてでもしっとりしています。
お化粧の乗りもよく感じました。

私は洗面器に氷を入れてやったので本当に簡単で、それを3回ほど繰り返しました。
お金をかけなくても自分で情報を調べることで簡単にスキンケアができるようになったのは本当に良い成果が出たと思いました。

これをきっかけにいろんな美容方法を試してみたいと思います。
独身の頃は化粧品にもかけられるお金がたくさんあったけれど、お金がないからと言って何もしないのではどんどん劣化していってしまいます。

もう少しだけ自分の顔のスキンケアにかける時間を作ってみようと思います。

顔用制汗クリームで顔汗対策してみた!

10
私は、以前から顔に汗をかきやすく、特に気温の高い夏場や、人前に出るなどの緊張した場面では汗がダラダラと流れてきて周りの人に心配されてしまうほどでした。

そんな私に転機が訪れました。

今年、付き合っていた彼と入籍し、結婚式を行うことになったのですが、汗ダラダラの花嫁なんて絶対に嫌だ!と思い、なんとか顔汗を対策する良い方法はないかとインターネットで調べまくったのです。

そこで見つけたのが顔用制汗クリーム「サラフェ」でした。

朝塗るだけで1日中顔汗を抑えるというキャッチフレーズで、本当かな?と少し疑いましたが、口コミサイトの評価がものすごく高かったのと、効果がなかったり肌に合わなかった場合は返金OKとのことだったので、試しに購入してみることにしました。

実際に使ったその日から効果を実感することができました。いつも化粧をしている最中から汗がにじんてきていたのに、サラフェを化粧下地として塗ったことで全く汗もかかず、サラサラとした肌の状態がずっと続いていたのです。

朝化粧をして昼には化粧が落ちてドロドロになっていたのに、本当に一日中化粧直しいらずでした。本当に驚きました。

しかも使えば使うほど肌の状態がよくなってきて、肌荒れや吹き出物もなくなり、今までのストレスが嘘みたいに解消されました。

サラフェのおかげでベストな状態で結婚式を行うことができ、とても感謝しています。同じような悩みを持つ方にぜひサラフェをオススメしたいです。

顔汗をかく人とかかない人の違いって何?

9

女優さんはドラマの撮影で、寒い季節に夏の服装だったり逆に夏の暑い時期に冬の服装で演技をしなければならないなんていう話をよく聞きます。

夏なのに冬の服装なんてさぞや汗をかくだろうと思いきや、一流と言われる女優さんは全く汗をかかず涼しい顔をし続けることができるのだそうです。

確かに一般人であっても、どんなに暑くても爽やかさを常に醸し出している人っていますよね。

私は残念ながら、そういったタイプの人達とは真逆のタイプらしく、少々暑いと言われる段階から顔汗がすごく、滴り落ちてしまいます。

化粧もみるみるうちに落ちてしまうので、私の顔をもろに見る人たちはさぞや不快な気分を味わっているのではないかと申し訳ない気持ちにまでなってしまいます。

一体なぜ故私の顔汗はこんなにひどいのだろうと一時気本気で悩んだことがあるのですが、おそらく遺伝ではないかということで話が落ち着きました。

というのも、私の母がとても汗っかきなんです。子ども心に「お母さん、どうしてあんなに顔汗がすごいんだろう」と思っていたものでした。

そして、私の子どもはというと遺伝を受け継いでしまったようで、とんでもなく顔汗がすごいタイプです。

ハンカチを携帯するのはもちろん、最近は小さな保冷剤なんかも持ち歩いて汗対策として使用しています。

頬にあてるのはもちろん、首筋にあてるだけで一気に火照った体が冷えて汗が引いていくのを実感できます。